新しいウィンドウで開きます:シャープ株式会社 ホームに戻る シャープファイナンス株式会社
ホーム お知らせ 商品・サービストップ 会社情報 採用情報 お問い合わせ 関連サイト
  サイト情報
医療機関さま向けトップ
医療機関さま向けトップ
リース カーリース ローン ご融資 その他のサービス
医療機関さま向けその他のサービスへ戻る
診療圏調査とは
開業(予定)地で、1日あたりどれくらいの来院患者数が見込めるかを算出する調査を「診療圏調査」といいます。
開業地としての良し悪しを判断するための材料になります。また、事業計画書を作成する際、医療収入を見込むための材料にもなります。
  • 所定の申込フォームに必要事項を入力いただければ、無料で調査します。あわせて当社担当窓口から簡単に解説させていただきます。
  • お申込は医師、歯科医師、獣医師(動物病院)に限らせていただきます。
  • 診療圏調査は通常、数週間から1ヶ月を必要としますが、簡易型であれば診療圏調査ソフトにより数分から数時間で分析できます。
  • 開業予定地の住所、診療科目等、簡単な情報で作成できます。
  • 診療圏調査の結果は、あくまで「目安」です。むしろこれを「目標」と捉えて、開業後、いかに早い段階でこの目標に近づけることができるかが重要なポイントです。
  • 申込み時に入力頂きます個人情報の取扱いには十分に注意致します。詳細は下記申込みボタンを押すと表示されます「申込みにあたってのご了解事項」をご覧ください。
診療圏調査お申込み

一般的に診療圏調査とは、次のようなプロセスで進めていきます。

 STEP1. 情報の収集(町丁別人口統計他)
市町村役場で、町丁別、年齢別の人口統計や最近の人口動態等の資料を入手し、地図を用意します。

矢印
 STEP2. 現地調査
調査地域を歩き、どこに何があるのかを把握します。特に競合となる医療機関の情報を入手します。
矢印
 STEP3. 診療圏マップの作成
地図に開業予定地と競合医療機関等をプロットしていきます。
矢印
 STEP4. 診療圏の設定
自医院の診療圏を設定します。診療科や地域の状況によって異なりますが、例えば都市部における内科診療所の場合、診療圏は概ね半径500〜1,000mの範囲内と考えられます。特殊な診療科の場合や郊外であれば、当然この範囲も広くなり、また河川や幹線道路、線路等によって、診療圏が遮断されることに留意する必要があります。
矢印
 STEP5. 患者数の推計
設定した診療圏内の人口に受療率(人口10万人当たりの1日当たり推計患者数)をかけて計算します。受療率は、厚生労働省が3年に一度行う「患者調査」の結果をもとに、傷病別、性別、年齢別などに計算されています。

 診療圏内推計患者数 = 診療圏内人口/10万人 × 受療率 

※ 動物病院の場合は受療率を使った調査にはなりません。

矢印
 STEP6. 見込患者数の算出・総合判断
STEP5.で算出された患者数は、他に競合する医療機関が全くないことを想定した場合の、診療圏内の潜在的な患者数を意味します。大病院など診療圏外に患者が流出していたり、診療圏内に同様の診療科がある場合 には、これらを割り引いて、最終的に開業後の自院の見込患者数を算出します。


上記の算式によって、予定している場所で開業した場合の1日当たりの見込み患者数が算出できます。 しかし、開業したとしてもこれだけの患者さんが利用してくれるという保証はどこにもありません。あとは、開業後の先生とスタッフの努力いかんにかかってきます。

既に開業されている先生は、新たな診療圏調査から得られた結果と現在の患者数を比較してみて下さい。もし少なければ、何かしら打ち手を考える必要があります。

シャープファイナンスでは厚生労働省が発表する受療率および総務省が実施する国勢調査のデータと当社のノウハウを組み合わせ、来院患者数を予測する簡易診療圏調査を全国どこでもスピーディに先生方にご提供いたします。

【診療圏調査の例】
患者見込み分析シート、人口構成比部席シート
患者見込み分析シート 人口構成比部席シート

診療圏調査お申込み
TOP
商品・サービストップ / リース / カーリース / ローン / 保 険 / その他のサービス / 医療機関さま向け

個人情報保護方針 プライバシーポリシー サイトポリシー
COPYRIGHT